2013/05/08 Cafe Make

半年ぶりの "Unit Train" ライブにお邪魔しました。
お店は予約した人、指定席なんですが、
今回はなんと最前列のセンターで、ヴォーカル・マイクまで1メートル少々。
緊張しました~
ここで下手な写真撮ったら、話にならんな~ なんてプレッシャー感じたり...

とは言え、Unit Train の1st stage はinstrumental quartet.
ここで自らの気分を落ち着かせました。

3302.jpg
大迫 明さん,

3305.jpg
梶原大志郎さん,

3303.jpg
石井孝宏さん,

3304.jpg
大山りほさん.

暖かくて柔らかい音のtromboneで始まる曲が、rhythm sectionの適度な刺激で
面白さを増していく感じである。
曲目は、
Tell Me a Bedtime Story - Herbie Hancock -
フォーバックス - 向井滋春 -
フェーズダンス - Pat Metheny -
Wedding - Dollar Brand -
Last Train Home - Pat Metheny -
いずれも聴くのはおそらく初めて。しかし、とけ込むように入ってきました~
日本語の歌詞でも付いてるんじゃない? なんて思えるほどに。

3299.jpg
3306.jpg
3307.jpg

2nd stage は歌姫登場!
3311.jpg3319.jpg
臼井優子さん,  Raviさん.
この写真で至近の距離感味わいました。
もちろん慣れてないから難しい。

3313.jpg

歌のはじまりは、Come with me - Tania Maria -
のっけから見事なハモリでした。

3323.jpg

Ravi さんのチョイスは、Kiss On My List - Hall & Oates -
私の記憶では、社会人になってしばらく...という時期。
しかし、歯切れのいいタッチ、これも彼女にぴったりでした。

3327.jpg

どこかで聴いた曲と思えば、半年ぶりの、はじまりはいつも雨 - Aska -

3324.jpg

Non-genre のバンドは珍しい曲ホント多いですが、優子さんは、The Smiling Hour.
原曲はポルトガル語と仰ってたか...? いい歌でした。

私的に極めつけ、と感じたのは、Bubba Boogaloo.
唯一のラテンナンバーで、歌はもちろんコーラスもバックも熱こもってました。

3325.jpg
大迫さんは、ギュロとコーラス。

さて終盤。
3330.jpg

前回に続いて、
Where You Lead から Jazzman までのCarole King メドレー。

3329.jpg3334.jpg

歌も演奏も迫力満点ですが、引き継ぎの場面も絵になってますね。

3335.jpg

アンコールは、Ain't No Mountain High Enough.
本編に入れておいてよ! の熱唱でありました。

そして、記念写真。全く疲れ感じさせない面々でありました。

3337.jpg

京都までの帰りの電車は不思議なほど眠気なし。
感動と興奮と申しましょうか、しっかり身体に残っていました。

flyer.jpg

ハデなフライヤでおしまい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0